◆過去の特許検索方法 と、出願審査請求書の出し方 ベース

      2017/04/04

Share

出願審査請求書の出し方

まず、過去の特許を調べます。

検索ツール

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)(外部サイトへリンク)
独立行政法人工業所有権情報・研修館が提供する無料の検索サービス






ここで重要なのは、調べにくいということ。

検索は2014-184632などという特願ではでません(私は出ませんでした)

キーワードを入れることです。

あなたが出したい、特許のキーワードをいれてみてください。

これがコツです。

ちなみに、これらはGoogleで調べても、正しく検索されません。

これで調べても、出ないこともあるので、どうしてもわからない時は、電話して、調べ方を確認した方がいいですね。

 

出願審査請求書の出し方

特願   →出願審査請求書の出し方

早期審査に関する事情説明書

①出願審査請求書

②審査請求料減免申請書←無職とか、経済的余裕のない人の場合。私はその時無職だったので

③早期審査に関する事情説明書←早く特許を認めて欲しい人向け。特許は認めてもらうまでに長いので早くしてねと言うもの

市町村民税非課税証明書が必要(市 区役所でもらえる)←無職だったので非課税証明書(複数特許申請する時はコピーでも可。これ意外に知りません)


特許庁への提出

書類に不備などがあれば、手続補正書が来る。 ←書き方は別なサイト

特許庁審査官と相談させていただいて補正しました。弁理士雇ったほうが楽かもしれません(笑)

 

連絡先

興味のある方は下記メールフォームから御質問下さい

こちらの方のメールフォームからご連絡ください

Share

 - 似た特許の調べ方

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。