※社会貢献の企画!痛くない、脱いだり着たりが楽な入院服 「あわせんネ!」を、日本中に多くの人の笑顔がみたい♪

      2018/01/06

Share

痛くない、脱いだり着たりが楽な入院服「あわせんネ!」を、日本中に多くの人の笑顔がみたい♪ 井上博喜

 

あなたが出来ることはなんですか
痛くない入院服で、着替えが不自由な病人うれしい、着替え手伝う介護従事者が着替えさせやすくてうれしい!施設も人件費が時短で少なくなってうれしい!
クラウドファンティング レディーフォー 支援よろしくおねがいします。
URL:https://readyfor.jp/projects/tachibanaya


なぜ、着脱が簡単な入院用の服 「あわせんネ!」これを製作するのか・・・ 短冊の「死にたい」がきっかけ

なぜ、着脱が簡単な入院用の服 「あわせんネ!」これをするのか・・・ 短冊の「死にたい」がきっかけ

 

着脱が簡単な入院用の服 「あわせんネ!」のきっかけです

 

この文字を書いた人の理由?・・・それはわかりません

人の話だと、病院にいても治らない。でも、治療のためにはいないといけない。生きていくための希望がない。だから書いたのでは?ということでした。悲しいですよね。

私も当時は、胆嚢を切除して入院しておりました。

ですので、ただ、病気を治すためにいる病院で快方に期待を持つことだけしかなかった私に、

絶望を抱いて日々、辛い入院生活を送っている人がいることを知りました

動画 こちら

絶望から希望・・・無理なら、少なくとも痛いことは避けれないか?

絶望から希望・・・へ、できればいいですが、無理なら、少なくとも痛いことは避けれないか?

少しでも、入院している人が辛さを軽減できることはないか?

と考えたのです

病気で苦痛。精神的も苦痛。金銭的にも苦痛。入院するとありとあらゆることで苦痛を感じます

私が入院していて一番感じたのが、着替えでした

ホント、痛いんですよ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

誰に言っても、わからないですからね。当たり前なのでしょうが、伝わりません。

苦痛です!

・検査の時の着脱の煩わしさ

・お風呂に入れなくて、汗をかいた洋服が着替えられない時の気持ち悪さ

・点滴でそでの部分をまくる。肩に注射される時、肩の部分を出さないといけないわずらわしさ

・包帯で固定されている時の着替え

etc・・・

なんとか、これらの不自由さをなくすことは出来ないか?と思い

「着脱しやすい病院服(介護服)着脱が簡単な入院用の服 「あわせんネ!」を作りたいとおもいました

入院中の着替えは看護師さんも大変!

そうですね、わかりやくいうなら、腕を骨折し、ギプスをはめている、そういう人の着替えを想像してもらうとわかりやすいかもしれません。これって介護従事者は大変ですよね

この大変さに、意外と、誰も物申さないのです

自分で着替えができない人、例えば、寝たきりの患者は、介護従事者や看護師にお世話になります
介護される人も「悪いなぁ」と、罪悪感を感じたりして、ボタンや、チャック、成形のための縫い付け等が、多少あたって、痛くても、着替えさせてくれているから「悪いな」と思い、我慢し、「痛い」と言えないようです

介護従事者や看護師も、なるべく気をつけても、時間も限られているし、丁寧にしても、洋服の構造上難しい部分もあります

 

それでも服を着ないわけにはいきません

入院中なら、CT、MRI、レントゲン、患部の治療・・・etc

治療や入院、介護施設であっても、お風呂など、脱がないわけ、着ないわけいきません

 

そこで考えました。

「一枚の布で着脱が簡単な病院用の服を作ればいいのでは?」

と、

この考えた服の強みは、シンプルです

一枚の布、前後ろで重ねるだけ
着るのに簡単!

病院内や自宅は、温度が一定です。凝った服装はいりません
もちろん、着替えが出来る方は普通の服を上に羽織れば良いのです

いかがでしょうか?ぜひ、皆様、「痛くない、脱いだり着たりが楽な入院服「あわせんネ❣」に支援してほしいです


さらに、裏表がないので、迷うことがありません
上下だけみて貼り合わせれば良いのです
ボタンや、チャック、成形のための縫い付け等ありません

井上の考えた、「あわせんネ❣」「脱いだり着たりで、痛みがない。介護従事者も着せ替えさせやすい。金属ないからCT、MRI、レントゲンでも、着替えなくていい。見たいとこを剥がすだけで診察もしやすい。洗うの干すのたたむの簡単!」

この、「あわせんネ?」は、病院服、入院なら、入院服で、介護なら、介護用の服、家であれば室内着、パジャマや寝間着と、場所によって呼び方が変わりますが、一番多く使われる洋服になるに違いありません

良いことづくめです






 

再度

提案 井上博喜ここがメリット!「あわせんネ?」入院服(室内着)

%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%80%80%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e6%9c%8d%e8%aa%ac%e6%98%8e%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88

「あわせんネ?」

 

これにより、

  1. ・着る人がうれしい!脱いだり着たりで、痛みがない。剥がすだけ、つけるだけ、紐を通すだけ!なので、腕や身体が不自由な人が着やすい!服ができます
  2. ・介護従事者うれしい!介護する人が痛がるのを見ることもなく、着脱しやすい!服ができます
  3. ・お医者さんうれしい!治療するにも診察するにも!どこからでも、はがせばすぐに!治療しやすい服ができます
  4. ・検査する人うれしい!金属使ってないので、CT、MRI、レントゲンに引っかからない。着替えなくていい、服ができます
  5. ・選択する人うれしい!洗いも乾すのも、たたむのも楽!な、服ができます
  6. ・メーカーうれしい!製造工程が簡単、布一枚なので作りやすく、安価!な、服ができます
  7. ・特許取得なので、真似されない。だからうれしい!オリジナル(製作者向け)特許について 介護服
    patent.conceptsengine.com/patent/grant/0006037141
    特許第6037141号 (P6037141)
    登録日:2016/11/11. 特許権者: 井上博喜 . 発明者: 井上博喜
    この発明は、介護服に関するものである。

クラウドファンティング「あわせんネ❣」は Readyforでやっております

こちら→ https://readyfor.jp/projects/tachibanaya

多くの行政やボランティア、企業にお願いをしていますが支援が少なければ、達成しません!
達成しなくても、多くの方に知っていただければいいとも思っておりました

ですが、作ってもらうメーカーさん、サンプルを作ってくれたボランティアさん、これを企業に伝えてくれたボランティアの団体さんに、申し訳が立ちません!だから、多くの支援が必要になってます

よろしくお願いします。

将来的には、障害者施設で作ってもらえたら・・・障害者雇用にも一役買いたい

痛くない入院服は「あわせんネ❣」

メーカさんが手作業でなければ出来ない部分は

将来的には、障害者施設で作れるようにしようと思っております

障害者雇用斡旋施設にもお話をしております

 

ぜひ!支援お願いします

こちら→ https://readyfor.jp/projects/tachibanaya

詳しいことをお知りになりたい方は 立花屋キカく の↓メールフォームを利用して 井上博喜まで
こちらの方のメールフォームからご連絡願います

 





 

カテゴリー、アーカイブ一覧から 役立つ記事を検索 こちらから

最新記事は下から御覧ください

Share

 - 社会貢献, 特許公開, コラボしませんか , , , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。