△サイドバーは 画像で見やすく「Newpost Catch.jpg」を使う

   

Share

サイドバーに画像で見やすく「Newpost Catch.jpg」を使う

 

うちのように更新が不定期なところは、「新着記事」はあまり重要ではないけど、商品を販売している、新着の記事を楽しみにしている読者がいるサイトでは、新着記事が重要です。

ですが、文字だけだと、伝わりにくいです。

コレは心理学的な要素も含む

「メラビアンの法則」

「7-38-55のルール(7%-38%-55% Rule)」

Wikipediaによると
受け手はコミュニケーションにおいて優勢な要素のほうを受け入れる傾向がある。すなわちメラビアンに拠れば非言語コミュニケーション(38 + 55 %)のほうを、言ったとおりの言葉(7 %)よりも信用する。

とある。

観る情報が55パーセント

聞く情報が38パーセント

しゃべる(話す)情報が7パーセント

と、人は、このような順位で、影響を受けやすいと教わったのではないでしょうか?

それと同じように、サイドバーにも、アイキャッチを利用した画像を貼り付けるとぐっと見やすくなるということです。
前置きが長くなりましたが、要は、文字よりも画像のほうが、新着情報は良いのではないかということです。

本(マンガのコミック)を買っていると背表紙が似たようなものだったりすると、「これって前に買った本だっけドラゴンボールとかこち亀とか特に(笑)」ってなる?
絵柄が似たようなものであれば、脳は間違って覚えることもある。
字である活字の本であれば、同じ本を2冊買った!とか、洋服であれば、同じような柄の洋服を買った!ってことはないでしょうか?

記憶は曖昧なので、似たようなものであれば、間違って覚える。興味のあるものであれば、似たようなものを選ぶ。
コレは人間だから仕方ないことなのです。
しっかり覚えておけよ!と顧客には言えません。

ですので、画像でも、同じようなものでなく、全く違ったものを貼り付けるということが大事です。

そこで、「WordPressプラグイン」 Newpost Catch.jpg

サイドバーのアイキャッチに「NEW」などの画像で表示ができればいいが、「NEW」?っていつまでが?前に来た時もあったよと思われると、新鮮味を感じません。

そこで、画像で変化を加えることが大事です。

それで使用するのがこのPlugin

「WordPressプラグイン」の新着表示でアイキャッチを画像で表示するには「Newpost Catch」がオススメです。

使用例

 

 

サイドバーには Newpost Catch.jpg 探す方法

「WordPressプラグイン」 Newpost Catch.jpg

メリット:何が違うのか→アイキャッチが画像になる→わかりやすい

ログインし、管理画面(ダッシュボード)でプラグインから新規追加で

Newpost Catch.jpgをいれると、プラグインは自動で探して表示してくれる

表示されたら・・・

プラグインを入れる。終われば有効化をクリック

だが、このままでは表示されない。設定が必要

Newpost Catch.jpg 設定方法

プラグインを選んで

ウイジェットを探す。

探したら「Newpost Catch」を掴んでドラッグ・アンド・ドロップ

コレで完了です。

画像を切り替えてHPのトップに行ってください。

変わっているのがわかると思います。

更に裏技❣

(特に色で表現してください)色も赤、青、黄色と、パターン化するとさらにいいですよ。画像が並んでいると、同じ色だとわかりにくいが、パターンを同じにして変えていくと、「ああ、前回とは違うような?読んでみよう!」って思われるのです。

だったら井上のサイトはそうなってないじゃん!と言われるかもしれませんが、うちのサイトは、ライバルを出し抜くため、書いている内容と、表示が劣っていることが多いです。
真似されると面倒、だからSEOの記事はほぼ画像です(笑)

今回のまとめ

  • コレは心理学的な要素も含む。「メラビアンの法則」も使っちゃえよ
  • ワードプレスWordPressなら プラグインで出来るぜ。その名前は「Newpost Catch」
  • さらに、アイキャッチ(画像)も工夫をこらそう。小さい、わかりにくいでなく、一瞬で見たら離さないキャッチコピー
  • しかも色変えてみてん。凄いよ~~。人の記憶は大したもんだ

以上

Share

 - WordPress(ワードプレス)を作る, 困りごと

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。