インタービュー づくりの仕方 代表 田中宏児

   

づくり代表

Share

 

今回の理解者ネットワークのインタービュー

 

づくりの仕方 代表 田中宏児

今回の理解者ネットワークのインタービューは、
「づくりの仕方 代表 田中宏児さん」です

づくり代表

 

田中さんに
①今の活動・仕事を教えてください。
②活動・仕事を始めた、きっかけや理由
③きっかけや理由で始めた活動・仕事でその問題は解決できていますか
④最後は読者に「私の〇〇は、これ!」と、覚えてほしいこと
をお尋ねしました。

広告


☆☆☆☆☆質問☆☆☆☆☆

 

①今の活動・仕事を教えてください。

まちづくりにおいて、人・店・事業のアドバイスとカウンセリングを仕事としています。

まちに必要な売れる企画・売れるコピー・売れるヒントを生み出し、
「困った!」を解決して、「巻き込み手法」であなたのやりたいことのお手伝いをします。

 

②活動・仕事を始めた、きっかけや理由

 

づくり代表

営利を30年、非営利を15年、中間組織を8年、それぞれの経験を活かして、

ひと・店・事業の活性化に繋がることを仕事にしたいと思い「まちづくり」を選びました。

 

③きっかけや理由で始めた活動・仕事でその問題は解決できていますか

 

まちに必要な居場所づくり→会話づくり→役割づくり→人づくり→まちづくり
この流れを確立することが活性化に繋がると考えています。

徐々にですが、私の仕事の理解者も増え、主催の講座や交流会の参加者が
一歩前に出る姿を目の当たりにすると嬉しく思います。

 

④最後は読者に「私の〇〇は、これ!」と、覚えてほしいこと

 

 

づくり代表

キャッチフレーズは、「まちは生もの、いつでもいつまでもフレッシュにします」です。

私の仕事は、あなたとまちをつなぐ「タウンカスタマイズ」であり
あなたとひとをつなぐ「ヒューマンカスタマイズ」でもあります。

個人FB:https://www.facebook.com/mindsize.g
づくりの仕方FB:https://www.facebook.com/dukuri/

広告


感想

田中さんは

「困った!」を解決して、「巻き込み手法」でやりたいことのお手伝い!
という、情熱を持ってされています。

素晴らしいですね。

まちに必要な「居場所づくり」→「会話づくり」→「役割づくり」→「人づくり」→「まちづくり」

この流れを確立することが活性化に繋がると考えています。
このスキームが強みなのでしょう。

キャッチフレーズは、「まちは生もの、いつでもいつまでもフレッシュにします」
田中さんの熱い気持ちは多くの方の支持を得ています。
ずっと、田中さんがされている活動が続いているがその証拠です。

ありがとうございました。

文責 井上博喜

Share

 - 理解者ネットワーク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。