WordPressでのGoogle Search Console (Googleウェブマスツール)の登録方法

   

Share

WordPressでのGoogle Search Console (Googleウェブマスツール)の登録方法

WordPressでのGoogle Search Console (Googleウェブマスツール)の登録方法

WordPressでのGoogle Search Console (Googleウェブマスツール)の登録方法で、登録するのがわからない人いませんか?私もいくつかのサイトを見て、なかなかWordPressでのGoogle Search Console (Googleウェブマスツール)の登録ができませんでした。

なぜか?Google Search Console (Googleウェブマスターツール)の設定をする場合は、Googleが指定する「googlec******************.html」をWordPressのある部分に入れる必要があるのです。でも、どこの部分に入れるのか、場所がわかりませんでした。
これが、どのサイトにも書いておらず、結構探しました。

今回は、これの設定方法を書いておきます。

まずは、Google Search Console (Googleウェブマスツール)の登録方法から。

Google Search Console (Googleウェブマスターツールとは

Google Search Console (Googleウェブマスターツールは、無料で利用することができ、サイトの集客をアップさせたり、SEOにも役立ったりする、Googleが公式で提供するツールです。

Google Search Console (Googleウェブマスターツールを使用していると、サイト運営において重要な情報外部リンク&内部リンク)を見ることができます。そうでない場合、Googleからの警告に気づかずに、最悪ペナルティを受けるなどといったリスクをうけたり、最悪サイトマップをGoogleに認識させることができなかったりします。

受けてなくてもGoogleの検索にはインデックスはされます(経験済)

ですが、まだ登録していない人や、登録したものの放置している人がいれば、サイト運営には、Google Search Console (Googleウェブマスターツールへの登録は必須といえるでしょう。

Google Search Console (Googleウェブマスターツール)の登録方法

Google Search Console (Googleウェブマスターツール)の登録方法の登録方法です。

1.Googleアカウントでログインする

Google Search Console のページに行って、お持ちのGoogleアカウントでログインします。
(アカウントを持っていない場合は作成します)

Google Search Console (Googleウェブマスターツール

Search Console

2.あなたのサイトのドメインを入力する

ログインすると、Google Search Console (Googleウェブマスターツールのスタート画面が表示されます。
下のほうにあるフォームに、導入したいWebサイトのドメインを入力しましょう。

注:私の場合は、いくつかサイトを持っているので、サイトの表示は複数表示になっています。

Search Console表示

入力したら確認ボタンを押します。

3.サイトの所有権を確認して、認証させる

ドメインを入力し、所有権を確認して認証させる。その方法は、「おすすめの方法」「別の方法」の2つです。

その方法は選べます。

「おすすめの方法」を記します。

Search Console申請2

Googleが指定する「googlec******************.html」をWordPressの「aaa.com」にいれる(アップロード)と読めます。

アップロードするにはffftpの利用が必要です。

FFFTPを利用しaaa.comに「googlec******************.html」を入れると思ってしまう←コレが間違いの元

ffftpとはFFFTPは、2ペイン型のFTPクライアントソフトです。ローカルのフォルダとFTPサーバー側のディレクトリを同期させるミラーリング機能や漢字コードの変換機能、ファイアウォールやSOCKS、ワンタイムパスワードへの対応といった機能を備えています。)一言で言うと、サーバーにアップして、ネットで表示させることができます

間違った例

私は、間違って、aaa.com(サイト名がこれであれば)に入れました。そこでエラーが出ました

間違った例↓

ffftp

入れるところは、サイト名の真下ではありません。ここに入れいるとエラーになります。失敗すると、以下のようになります。

全体例

Search Console申請

それでは上から見ていきましょう。

Search Console申請1

エラーがでたので「確認できませんでした」となります。

正しい例

やり方としては下のとおりです。

正しい例は、WordPressの「aaa.com」をクリックし、そこにある「public_html」をクリックし、さらにGoogleが指定する「googlec******************.html」をいれます

ffftp正

「/aaa.com」をクリックさらに「public_html」をクリックし「/aaa.com/public_html」の下に、Googleが指定する「googlec******************.html」をドラッグ・アンド・ドロップで入れます。

Search Console申請3

チェックを入れてボタンを押します。

Search Console結果

これで認証されるようになりました

まとめ

これで認証されるようになりました。

結果はこのようになります。

aaa.comウェブサイト

aaa.comの検索パフォーマンスを改善できます 詳細を表示l

Search Console結果1

WordPressでのGoogle Search Console (Googleウェブマスツール)の登録方法でした

Share

 - WordPress(ワードプレス)の困りごと , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。